ブラジャーの選び方あっていますか?私が必ずチェックする4つのポイント

人それぞれ骨格や体型は違うもの。
だからこそ、既成品のブラジャーの中から本当に自分に合っているもの見つけるのは至難の技です。
ブラのサイズだけ見て購入し、家に帰って装着してみると何だか違和感があるという話もよく聞きます。
ですから、まずは購入する前にしっかりと自分の体にフィットするブラジャーなのかを確認しなければなりません。
私がブラジャーを試着する際に必ず確認しているのは以下の4つです。

まず、腕を上下に、体を左右に揺らした状態からカップを確認します。
その際に両胸のカップがスカスカになっていないかを見るのです。
片方はしっかりフィットしているのに、もう片方だけスカスカという場合はパッドをいれて調整することでちょうどよくなりますが、両方に空間がある場合はサイズが大きい可能性が高いのでサイズダウンさせてもよいかもしれません。

次にアンダーを見ていきます。
アンダーが明らかに食い込んで痛い、違和感があるという場合はそのブラジャーは自分に合っていないので購入は控えた方が良いでしょう。
アンダーが合っていないものを無理やりつけていると、ワイヤーと皮膚との摩擦から肌荒れを起こし、バストに負担をかけてしまうことになります。
こういった負担はすぐには出てきませんが、積み重なりが一気に表面化するので妥協はできません。

そしてストラップ。
肩に食い込んでいたり、体を揺らした際に肩から外れたりしていないでしょうか。
理想は動いても食い込まない程度に肩にフィットしていることです。
肩からずれていたらもはやブラジャーの意味を成していません。
カップ側が上がりすぎてもいけませんし、後ろが上がっているのも胸のポジション・形のバランスが崩れる原因となるので、しっかりとチェックすることが必要です。

さいごに前側中心部分。
カップとカップの間の部分です。
ここは結構見落としがちなのですが、購入する際はここもしっかりとチェックしておくと良いです。
特に見ておきたいのが。体から浮いていないか?という点です。
ここが浮いているということは、アンダーサイズが合っていない可能性があります。
きつくて浮いているのか?
それとも緩すぎて浮いているのか?
自分の体に耳を傾けてサイズを選びなおす必要があります。

このように4点を意識するだけで、装着していてもストレスフリーのブラジャーを見つけることができます。
直接肌につけるものですから妥協せずしっかりと選ぶことで、いつまでも美しい胸を保持していきたいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です